日銀のマイナス金利導入で、住宅ローンを借りるなら今が最大のチャンス!

マイナス金利

2016年1月29日に「日銀のマイナス金利」導入が決定しました。また、日銀の黒田総裁は「更なるマイナス金利拡大も辞さない」と発言するなど、しばらくの間、マイナス金利の流れは継続と見られます。

マイナス金利導入は(ローン利用者にとって)どのようなメリットがあるのでしょうか? ここでは、マイナス金利導入と住宅ローンの関係について詳しく説明します。

マイナス金利導入で、住宅ローン利用者に大きなチャンスがやってきた!

住宅ローン利用者にとって「マイナス金利導入」は、大きなチャンスです。2016年2月に入ってから、各金融機関は「住宅ローンの金利引き下げ」を進めています。

住宅ローン金利は、これまで以上に「低くなり続け」ている!

窓口

まず「マイナス金利」とは、どのような金利なのか説明しましょう。マイナス金利は「金利がマイナス」の状況を指します。マイナス金利時に預金をすると、通常は「利息」がつきます。しかし、マイナス金利では「反対」となり、預け入れをすれば、お金は目減りしていきます。

マイナス金利を導入する他国では、お金を借りると「利息分が受け取れる」流れも見られました。ただし、日本の「住宅ローン」がいきなりマイナスにふれることはなく、私たちが利用する分においては「大幅な金利引き下げ」に留まります。

個人のお金は目減りしない、損益になるのは大手金融機関

マイナス金利によって目減りをするのは個人ではなく、「日銀にお金を預けている金融機関」です。

ビル群

金融機関は、資金を預けても目減りをしてしまいます。このため、企業や個人に対して「低金利」で融資を実施し、お金が目減りしないよう、貸し出し先や融資先を増やそうとするのです。

実際に、マイナス金利が導入されると、私たち個人や企業は「より良い条件」で、お金が借りやすくなります。しかし、預金に関しては利率が低くなり、利息の受け取り分は少なくなります。

マイナス金利の実質的な開始は「2016年2月16日」ですが、住宅ローンや、その他ローンの金利引き下げは、日銀の発表後から徐々に、進行しています。

マイナス金利で、住宅ローンも争奪戦になる!

各銀行は、新しい顧客を取り込もうと必死です。これは、私たち「住宅ローン利用者」にとってはありがたいことです。

相談

これまでは、私達が「お金を貸してください」という立場だったのですが、マイナス金利が導入されると、金融機関の側から「どうか、お金を借りてください」という態度に変わります。

ただし、損益の大きな金融機関は、この限りでは無く、貸し渋りや貸しはがし(返済の締め付けが強くなる)が予想されます。利用する金融機関は「経営が安定しているかどうか」で選びましょう。

住宅ローンの金利が「これまで以上に低くなった」ら、借換をしよう!

金利の引き下げは、日々進行しています。「実質的なマイナス金利」がスタートすれば、各社「何としても融資したい」という流れで、積極的な融資に移行するでしょう。住宅ローンの利用をお考えの方は「マイナス金利導入」をきっかけに、新しいローンを利用しましょう。

既に(他社での)借入があれば、マイナス金利導入後に借換をしてみてください。いまから借換をすれば、過去最低水準の利息で、お得に住宅ローンが利用できます。

住宅ローンの金利は、変動から固定に切り替えすチャンス?

BANK

以前から、変動金利に関しては1.0%を下回る低金利で推移していました。今回のマイナス金利導入でも、変動金利の下げ幅はあまり変化は見られません。

しかし、固定金利に関しては0.2%台から0.05%(2月上旬の記録)にまで大幅に下がっています。

専門家によると、2月に続いて3月も住宅ローン金利は下がると予測されています。これまでも「過去最低水準の低金利」と言われてきましたが、2016年2月〜3月以降も「記録的な低金利」が続くようです。

変動金利で契約されていた方は、この機会を利用し、固定金利に借り換えをしてみましょう。固定に借換をしておけば、将来金利が上がっても「不安無く」ローン返済が継続できます。

日銀はどうして、マイナス金利を導入したの?

政府や中央銀行が「マイナス金利」を導入すると、各銀行は国債を手放そうとします。これは「国債を所有しても資産が目減り」するからです。マイナス金利になると、各金融機関は国債の買い入れを少なくし、融資を増やそうとします。

銀行が「国債を買わずに融資を増やす」と、私たちは良い条件で融資が受けられるようになります。また、個人や企業に貸付が進むと、設備投資や市場が活性化し「景気対策につながる」というのが(マイナス金利の)基本的な考え方です。

世界のマイナス金利と住宅ローン|利息がもらえる国もある!

お金に目が無い

実は、日本以外にもマイナス金利を導入し、国の経済活性化を推進している国があります。例えば、北欧のデンマークでは2012年頃「マイナス金利」を導入しました。

マイナス金利が導入されると、どの銀行も「お金を貸したい」と躍起になります。このため(一部の金融機関では)利息がもらえるローンも登場した様です。

デンマークの場合は「-0.75%」という金融政策だったため、こうした「非常識的な事態」が発生しています。しかし、日本の場合は「-0.1%」と下げ幅が少ないため、こうした事態(利息がもらえる状況)にはならないでしょう。

実際、マイナス金利導入が決まっても、日本の株価は連続して下落しています。今後「マイナス金利の下げ幅」が大きくなれば、どのような事態になるのか、専門家でも予測が難しい状況です…。

もしかすると、北欧デンマークのように「顧客を勝ち取るため利息を払ってでも融資したい」という金融機関が表れるかもしれません。それ程、マイナス金利導入は「金融機関にとって厳しい状況=収益力の悪化」が避けられない事態なのです。

国会

金融関係者にとっては頭の痛い時代ですが、私たち「住宅ローン利用者」は、この機会を「絶好のチャンス」として考える必要があります。

特徴で賢く選ぶ!住宅ローン人気ランキング

※1月27日現在の当サイトの申込件数を元に作成したランキングです

[変動金利]で比較!住宅ローン

TOP