フラット35銀行業界No.1!全期間固定金利が評判!

楽天銀行住宅ローン「評判・金利・審査」

楽天銀行住宅ローン
  • 保証料込み
  • 団信料込み
  • 事務手数料無料
  • 繰上返済料無料

フラット35を選ぶなら取扱件数銀行業界№1の楽天銀行!業界最低水準の金利、融資事務手数料の他にも、保証料無料、来店不要、ATM手数料無料回数優遇などのメリットがたくさん!住宅ローンの借り換えも可能です。

変動金利 固定5年 固定10年 全期間固定金利
- - - 1.30%

(2018年04月時点)

楽天銀行住宅ローンに申し込む

楽天銀行住宅ローン・フラット35ってどう?

楽天銀行住宅ローンのポイント!
フラット35を取り扱う銀行でも最低水準金利
融資事務手数料も最低水準
つなぎローンの利用も可能
来店不要・土日も相談できます!
更にお得なフラット35Sも取り扱い

楽天銀行のフラット35は取扱件数№1!業界最低水準の金利を実現!

楽天銀行の住宅ローンは業界最低水準の金利を実現した「フラット35」が人気です。安心して返済計画が立てられる全期間固定金利型の住宅ローンというのが特徴です。楽天銀行はフラット35の取扱件数が銀行業界NO.1であり、多くの方に選ばれています。

マイホームの購入費用は多額になるため、住宅ローンを利用した場合は利息分だけでもかなりの金額を占めることになります。変動金利を利用した場合は、定期的に市場の状況を判断しながら適用金利の見直しがされるため、大幅に変動することも予想されて、返済計画が立てにくい部分があります。固定金利の場合は契約時の金利が変わらないため返済計画が立てやすいものの、利率が高めに設定されています。

長期間安心して利用できるフラット35

フラット35の場合は、最長35年間に渡って固定金利で利用できるという住宅ローンです。住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携して、お得な金利で安心して利用できる住宅ローンという特徴があります。利率については取り扱っている金融機関によって異なりますが、楽天銀行では業界の中でも最低水準の利率で提供しています。

楽天銀行のフラット35は、新築の住宅建設費や中古住宅などの購入費用に対して90%以上の融資を希望するか、90%以内の融資を希望するのかによって利率が異なります。また、返済期間が15年から20年と、21年から35年のいずれかによっても利率が異なります。金利については毎月見直しが実施されており、お申込み時の金利ではなく、お借入時の金利が適用されることになります。

楽天銀行の住宅ローンは融資事務手数料がお得!

住宅ローンを利用する際には融資事務手数料が経費として必要になります。フラット35を取り扱っている金融機関では、融資金額に対して数%を事務手数料に設定しています。かなり大きな金額を融資してもらうことになるため、掛け率が低く設定されているほど経費がかからないことになります。

楽天銀行では、融資金額に対して1.08%(税込)を融資事務手数料として設定しています。この水準は他の金融機関と比較してもかなり低くなっています。融資金額が多いほど事務手数料も高額になるため、できるだけ総支払額を抑えたいと考えている方におすすめです。なお、返済口座を楽天銀行以外に設定された場合には掛け率が1.404%になります。

つなぎ融資も利用できて便利な住宅ローン

新築の一戸建てを購入する場合には、完成済みの新築マンションや中古の一戸建て物件などを購入する場合とお支払いの流れが異なります。住宅ローンの融資が実行されるのは、あくまでも建物が竣工している場合です。しかし、新築の一戸建ての場合は、土地の取得や着工、工事の中間というタイミングで工務店やハウスメーカーにお支払をしなければいけません。住宅購入のために貯めていた頭金では足りない場合や、頭金がほとんどないため住宅ローンの融資で賄おうと考えていた方が利用するのが、つなぎ融資です。

土地の取得から最終的に建物が完成して住宅ローンを正式に融資してもらうまでの「つなぎ」として借り入れできます。ただし、フラット35を取り扱っている全ての金融機関でつなぎ融資を利用できるとは限りません。楽天銀行なら、つなぎ融資もご利用いただけますので安心してください。楽天銀行ではつなぎ融資の金利は毎月見直しされており、事務手数料は一律108,000円でご利用いただけます。

楽天銀行の住宅ローンなら来店しなくても手続きできます

平日の日中は仕事が忙しく、住宅ローンの契約手続きに行けないという方も多いです。住宅ローンの利用について相談をしたくても、土日は営業していない金融機関が多いため不便さを感じている方も少なくありません。でも、楽天銀行はネット銀行なので、このような不満を感じているお客様にも便利に活用していただけます。

楽天銀行でフラット35のご利用を希望される場合は、インターネットから事前審査の申し込みを行います。審査期間の目安は8~11日で結果がメールで通知され、承認または判断不可だった場合にはお客様宛てに申込書類が発送されます。申込書類に必要事項を記入後に返送いただくと、本審査が行われます。7~14日後に仮承認が出たお客様へ本承認に必要な書類が発送されます。書類に必要事項を記入して返送いただくと契約が完了して融資が行われます。

事前にご相談を希望される場合は、Skypeまたはフリーダイヤルで対応しています。Skypeは担当者と対面通話も可能で、事前にご予約をいただく必要があります

楽天銀行では更にお得なフラット35Sも取り扱い

楽天銀行ではフラット35以外にも、更に金利がお得なフラット35Sも取り扱っています。フラット35Sについても業界水準と比べて低い金利設定になっていますので、ご利用条件に合致している物件の購入を検討している方はぜひご検討ください。

楽天銀行のフラット35Sには2種類ある

楽天銀行では、フラット35Sの金利プランを2種類用意しています。それぞれ物件の基準が異なっていますので、購入希望の物件が条件を満たしているか工務店などに確認が必要です。楽天銀行では、基準金利よりもAプランは当初10年間、Bプランは当初5年間引き下げていますので更にお得です。

フラット35とフラット35Sの違い

フラット35と35Sは、どちらも最長35年間固定金利で住宅ローンを利用できるという共通点があります。フラット35をご利用いただく物件の条件は、通常の住宅ローンと比較して厳しくて、住宅金融支援機構が指定する基準を満たしていなければいけません。フラット35Sは更に耐震性や省エネルギー性などの条件を加えており、優れた住宅に対して利用できる住宅ローンという特徴があります。

楽天銀行「フラット35」の詳細

今回は、楽天銀行で最も利用者の多い「フラット35」の詳細を見ておきましょう。

楽天銀行フラット35の内容・貸し付け条件
項目 条件
使途 ご本人または親族がお住まいになる新築住宅の建設資金・購入資金、中古住宅の購入資金、セカンドハウスの購入資金
借入期間 1.15年以上35年以内(お申込者が60歳以上の場合10年以上)
2.完済時の年齢が80歳までの年数
※1と2でどちらか短い年数
返済日 毎月5日(休業日は翌営業日)
金利の方式 全期間固定金利
・15~20年、21~35年で利率が異なります。
・住宅建設費または住宅購入価格のお借入金額が占める割合が90%以内と90%以上で利率が異なります。
申込条件 1.申込時70歳未満、完済時80歳未満の方
2.日本国籍がある人または永住許可などを受けている外国人
3.年間返済割合(フラット35とその他の借入金の合計)
・年収400万円未満~30%以下
・年収400万円以上~35%以下
※1~3の全てを満たせる個人の方
連帯保証人 不要
担保 住宅金融支援機構が建物・敷地に第一順位の抵当権を設定
保証料 不要
団体信用生命保険 機構団体信用生命保険へ原則加入。保険料はお客様負担(目安:元利均等返済で1000万円・返済期間35年で借り入れした場合は初年度35,800円。毎年1回支払う必要があり、年々減額します)
利用可能サービス ハッピープログラム
事務手数料 お借入金額×1.404%(税込)
※楽天銀行に返済口座を指定するとお借入金額×1.08%(税込)になります。
楽天銀行住宅ローンに申し込む

特徴で賢く選ぶ!住宅ローン人気ランキング

[変動金利]で比較!住宅ローン

TOP