返済負担が少ないのでラク!人気の「フラット35」特徴やメリットまとめ

夫婦

「フラット35」は知名度が高く、人気の高い住宅ローンです。フラット35は、民間の融資よりも審査が通りやすく、返済額を安定させたい方におすすめのローンです。ここでは、フラット35の特徴や融資の仕組みについて、簡単に説明しましょう。

フラット35の「特徴とメリット」について

フラット35は、融資を受ける全期間中「固定金利」が適用されます。変動金利に比べると金利は高く設定されますが、金利の変動リスクを受けないので、安定した返済計画が立てられます。

また、フラット35は保証人や保証料が無料です。保証費用を安く抑えたい方には、イチオシのローンと言えるでしょう。

フラット35の主な特徴

  1. 長期固定なので、金利の変動リスクが少ない
  2. 保証人不要・保証料は0円!
  3. 審査が通りやすい
  4. 繰り上げ返済手数料も無料
  5. フラット35の技術基準に適用しているので安心

①〜⑤の「フラット35」の主な特徴について、以下で詳しく説明しましょう。

長期固定なので、金利の変動リスクが少ない

フラット35は、住まいの種類(新築・中古・マンション等)に関係なく、長期固定金利の融資が受けられます。変動金利より、若干金利は高くなりますが、金利の上下に左右されることなく、安定した水準で返済が続けられます。

保証人不要・保証料は0円!

銀行や他の金融機関を利用すると、保証人や保証料が必要です。しかし、フラット35では保証人は不要、保証料無料でローンが利用できます。

審査が通りやすい

フラット35は、住宅購入を支援する目的があるため「銀行のローンよりも審査が緩やか」だと(利用者の間で)評判です。実際に、銀行では借入の難しい自営者の方でもフラット35の借入が可能です。

繰り上げ返済手数料も無料

通常、どのローンにも「繰り上げ返済」にお金が掛かります。手数料だけで1万円〜3万円ほどの費用が掛かりますが、フラット35の場合は手数料無しで、繰り上げ返済が行えます。

フラット35の技術基準に適用しているので安心

フラット35の借入には、技術基準を満たす必要があります。技術基準とは、機構が設定した住まいの基準を指しており、優良住宅に対して、長期固定金利住宅ローンを融資しているのです。このため「フラットを利用すれば、安全な住まいが保証される」と高く評価されています。

フラット35の申込基準は?

フラット35は、70歳未満で安定した収入があれば、誰でもローンが利用できます。ただし、借入の物件には条件(面積や品質など)があります。

また、年収に応じて借入の金額が変わってくるので、申込前に「借入のシミュレーション」をしておく必要があります。

借入基準をチェックしてみよう!

「フラット35の申込基準」を簡単な表にしてみました。

フラット35の申込基準
年齢・収入など「融資の条件」 申込の時点で70歳未満であること。安定した収入があること。
建物の条件 ① 一戸建ての場合は、床面積70㎡以上の物件であること。
② マンションの場合は、床面積30㎡以上の物件であること。
融資可能額 8,000万円以下、建設や購入資金の最大10割まで融資が受けられる。
① 年収400万円以下の場合は、最大年収の30%まで融資可能
② 年収400万円以上の場合は、最大年収の35%まで融資可能
返済の期間 15年以上、35年までの長期固定金利住宅ローン
金利のタイプ 全期間固定金利型
返済方式 元利均等返済・元金均等返済
保証料と保証人 保証料なし
保証金も不要
団体信用生命保険の加入 任意
火災保険 加入が必要
繰り上げ返済
通常は100万円から、ネット返済の場合は10万円から繰り上げ可能

通常の民間の住宅ローンは、団体生命保険に加入できなければ融資が受けられません。しかし、フラット35では「任意」扱いとなっているので、健康上保険に加入出来ない方でも申込可能です。

フラット35の仲間について

フラット35には「フラット35S」や「フラット50」があります。

フラット35Sって、どんなローン?

フラット35Sは、低炭素住宅やバリアフリー住宅、耐震性に優れた住宅に対して「一定期間金利の引き下げ」が行われるローンです。フラット35の基準に加えて、高い基準を満たす優良住宅のみ利用できます。

バリアフリー化、長期優良住宅への住み替え、建て替え、耐震工事を予定されている方は、フラット35Sの利用を検討しましょう。

フラット50の内容・詳細・特徴について

フラット50は、長期優良住宅の利用に対して設けられたローンです。ここでは、35より15年長い「最長50年間」返済期間が設けられるのが特徴です。ただし、返済期間が長くなるため、44歳未満の方しか利用できません

借入の上限は最大6割までと決まっていますが、不足した分は「フラット35」もしくは「フラット35」が併用できます。長期優良住宅に住む予定の方は、フラット50の借入をシミュレーションしてみましょう。

マイホーム購入のワンポイントメモ『ローン以外の目的でも、保険は大切』

フラット35は団信への加入が任意となっています。ただ、保険加入が難しい方でも「入れる保険」があれば安心です。最近では、加入条件の緩やかな生命保険も多いです。住宅ローンの目的ではなく、安心のためにも「使える保険」を探してみましょう。

特徴で賢く選ぶ!住宅ローン人気ランキング

※1月27日現在の当サイトの申込件数を元に作成したランキングです

[変動金利]で比較!住宅ローン

TOP