どっちがお得か比較!建売住宅 vs 土地購入+一戸建て

土地か建売か

マイホームの購入には、いろいろな方法があります。例えば、建て売りの新築物件を買う方法、中古を買ってリノベーションする方法、土地を購入してから家を建てる方法などさまざまです。

ここでは建売住宅と、土地を買ってから家を建てる方法について「どちらがよりお得なのか」徹底検証したいと思います。

建て売り住宅って何? どんな特徴があるの?

住宅街

建売住宅は、別名「分譲住宅」とも呼びます。建売住宅は、完成した物件を見てから買えるので「イメージと違った」など、購入後の失敗が少ない家の買い方です。

建売住宅では住まいだけで無く、土地と住まいをセットにして販売します。また、最近では着工前に「間取りなどのプランが注文できる」分譲住宅も多いです。

着工前にカタログを見て、クロス(壁紙)や床材、水回りのデザインなど、自由に選べる物件も珍しくありません。工事前にプランが変更できれば、注文住宅に近い条件で建売住宅が購入できます。

また、建売住宅でも「購入者が決まってから建てる」物件が増えてきています。注文住宅よりもリーズナブルに、希望に近い住まいが手に入るので、現在多くの方が建売住宅でマイホームを購入しています。

土地を買ってから家を建てる方法

土地を先に買ってから、家を建てる方法があります。この方法は「注文住宅」と呼び、建売住宅と区別しています。

注文住宅にも大きく分けて二種類の「家の販売方法」があります。1つ目は「条件付き土地」と呼ばれる売り方で、土地を決めてから家を建てるメーカー(住宅会社)があらかじめ決まっている方法です。

2つ目は「土地を買ってから、好きなメーカーに注文する」方法です。土地選びからメーカー選びまでこなす必要があり、入居までに時間がかかるのがネックですが、家のデザインや間取りなど「自由度の高い建て方」ができます。

注文住宅は予算オーバーに注意しよう!

(注文住宅は)予算をきちんと立てておかなければ、予算オーバーになりやすいので注意が必要です。

注文住宅で失敗しないためには「条件付き土地」を購入して、メーカーの「おすすめプラン」を参考にする方法です。また、自由度の高い「完全注文住宅」を建てられる方は、総予算を決めてから住まいの設計を立てましょう。

建物の形状をシンプルにしたり、間仕切りや導線をスッキリさせると、建物にかかるコストは大幅に抑えられます。また、設備や必要な機能はよく考えてから、プランに組み込みましょう。

庭づくり、塗装、漆喰塗りなどは、DIYでも簡単に取り組めます。また、簡単なガーデニング、ウッドデッキの作成であれば、家族で一緒に手作りをすることも可能です。注文住宅の場合は予算に合わせて「無理のないプラン」を考えましょう。

建売住宅 vs 土地購入・どっちがよりお得に購入できる?

費用のわかりやすさで言えば、建て売り住宅を買うのが一番です。建売住宅であれば、予算から入居までのスピードも速く「急いでマイホームが欲しい方」にピッタリの買い方です。

ただし、注文住宅の中にも建売住宅に近い物件や、費用を抑えた「完全注文住宅」が存在します。自己資金と借りられるローン金額を決めてから、建て売りか注文住宅か(どちらか、自分にふさわしい買い方を)選択しましょう。

このほかにも、中古物件を安く購入してから、リノベーション(住まいのリフォーム)をして安く住む法方があります。どの方法にも住宅ローンが利用できるので、予算や住みたい場所に合わせて買い方を検討しましょう。

デザインを考えるのが苦手な方に朗報!「おすすめの建て方」

条件付き土地にも「分譲に近い」建て方があります。あらかじめ決まった「いくつかのプラン」から自由に選べるものや、完全なフリープランなど、業者によってさまざまです。

デザインを考えるのが苦手な方は、アレンジプランから選ぶのも良いでしょう。

また、注文住宅よりもリーズナブルな「建て売り住宅」にも、フリープランを取り入れた住まいがたくさんあります。予算に合わせて、好みのデザインで「自分だけのマイホーム」を手に入れましょう。

ワンポイントメモ 『分譲住宅を見学しよう!』

どのメーカーでも、最新の住宅を一般に公開しています。展示場を訪れたり、実際に住んでいる人の家を訪れる「オープンハウス」などさまざまな機会が用意されています。休みの日に合わせて、何度か物件の見学をしてみてください。

実際に足を踏み入れると、住まいのイメージがつかみやすくなります。また、ローンの相談にものってくれるので、分からないことがあれば(担当者に)積極的に質問してみましょう。

お得に借りたい!住宅ローンランキング

[変動金利]で比較!住宅ローン

TOP