住宅ローンの審査・仮審査と本審査

pc

ローンを受ける際、最も緊張するのが「住宅ローン審査」です。

住宅ローン審査は、本審査だけでなく「仮審査を合わせた、二回の審査」を受ける必要があります。しかし、審査は基本的ポイントさえ押さえておけば、難しいことではありません。

本記事では、住宅ローン審査の種類や仮審査と本審査の流れ、審査の申し込み方法について説明をします。審査対策として、ぜひ一度チェックしておいてください。

住宅ローン審査の種類について

住宅ローンは

  1. 仮審査(事前審査)
  2. 不動産の売買契約(注文住宅の場合は工事請負契約)
  3. 本審査
  4. 住宅ローンの契約
  5. 融資の実行

の順に進んでいきます。

本審査は不動産会社と売買契約を結んでからになります。

住宅ローンで知っておきたい用語㉝: 事前審査

「事前審査」は「仮審査」とも呼ばれるもので、その人に融資をしても大丈夫かどうかを判断します。

正式な融資の申し込みではないので、借入額はおおよその金額で審査を受けます。

審査の内容は

  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 年収
  • 年齢
  • 借入希望額(概算)
  • 他社の借入状況

などを調べられます。

住宅ローン仮審査の流れと申し込み方

審査

購入する物件(土地・建物)が決まり、販売価格がある程度わかった時点でいくら借りるかを考えます。

その段階で仮審査を申し込みます。

住宅ローンの審査基準は金融機関によって異なります。

【審査基準】

A:人に対しての条件 勤務先・勤続年数・年収・年齢・返済負担率(ほかのローンの借り入れ状況)など
B:物件に対しての条件 物件価格(物件を担保にするため、物件の評価額など)を見ます。フラット35は融資可能な物件が限られています。

仮審査は銀行の窓口やホームページの「仮審査の申し込み」コーナーで必要事項を記入していきます。

必要な書類や資料があるので、事前にそろえておきましょう。

【仮審査に落ちた場合】

金融機関によって審査基準が異なります。
そのため、A銀行では審査が落ちたけれどB銀行では通ったということがよくあります。

その場合の方法をご紹介します。

(1)複数の金融機関で申し込む

あきらめずにほかの金融機関で仮審査を申し込んでみましょう。
ネットで事前審査ができる金融機関が多いので、一度にいくつか申し込んで結果を待ちます。

(2)ほかのローンがある場合は返済する

もしほかのローン(自動車ローンや教育ローンなど)がある場合は、できれば返済しておくといいでしょう。
クレジットカードで買い物をした場合も同じで、完済することをおすすめします。
キャッシング機能がついているカードを持っている場合は、枠があるだけで審査にひっかかるケースがあります。メインで使うカードだけを残して、ほかは解約してしまいましょう。

(3)審査基準がゆるい住宅ローンを選ぶ

フラット35は審査基準が一般の金融機関とは異なります。一般の金融機関の審査で落ちた場合はフラット35で申し込んでみるといいでしょう。

(4)夫婦で住宅ローンを申し込む

夫婦が共働きの場合だけですが、夫だけでなく妻の名前でも住宅ローンを申し込むという方法があります。

  1. 同じ金融機関で「ペアローン」を申し込む
  2. 夫と妻は別々の金融機関で申し込む

特に②の場合は、妻は女性向けの優遇金利を設定しているところがあるので探してみましょう。

ただし仕事を辞めた場合のこともきちんと考えておきましょう。
また、離婚した場合は財産分与やローンの支払いなどの話し合いが必要になります。

メモ:仮審査の結果が出るタイミングについて

「事前審査(仮審査)」の結果は、早いところでは2~3日で結果がわかります。一般的には1週間程度の日数がかかります。

金融機関の窓口に行かなくても、ネットで事前審査の申し込みができるところが多いので調べてみましょう。

住宅ローン本審査の流れと申し込み方

仮審査が通れば、いよいよ不動産の売買契約を結び、住宅ローンの本審査に進んでいきます。

本審査を受ける前に不動産会社と「売買契約」(注文住宅の場合は工事請負契約」を結びます。

本審査には

  • 不動産売買契約書(工事請負契約書)
  • 建築確認の検査済証
  • 不動産登記簿謄本(土地・建物)
  • 土地の公図や地積測量図
  • 建築図面
  • 手持ち資金を証明できるもの(預金通帳など)

が必要になります。

本審査は金融機関だけでなく保証会社も審査をします。

そのため、本審査の結果が出るまでには1ヶ月~1ヶ月半ほどかかります。
ネット銀行などで早いところは1週間ほどで結果が出るところもあります。

住宅ローン審査で、気をつけたいこと

仮審査に通っても本審査で落ちてしまうことがあります。
仮審査は金融機関が行う審査ですが、本審査は保証会社が審査を行うためで、何らかの理由で落とされる場合があります。

ただし、理由を問い合わせても答えてくれません。

そこで本審査に落ちないように、無理なローンを申し込まないようにしましょう。

無理なローンとは

  • 年収の割に借入額が多い
  • 毎月の返済額が多い
  • ほかのローンの返済がある

部屋

などの場合です。

融資をする側としては「本当に返済できるの?」と不安になってしまいます。

そこで審査を通りやすくするために、頭金を多く用意して融資額を少なくする方法や、ほかのローンを完済する方法などがあります。
キャッシングは特にきちんと完済しておきましょう。

また、給与振込で利用している銀行は比較的審査が通りやすいので、相談してみましょう。

住宅ローン選びは金利ばかりに目が向きがちですが、自分の状況で審査が通るかどうか、心配な場合はフラット35の利用や頭金を増やすなどの方法を検討しましょう。

まとめ|審査を通る秘訣は「自分に合ったローン選び」にあり!

住宅ローンの融資を受けるまでには「仮審査」「本審査」に通る必要があります。

不安条件は早めに解決すると同時に、審査が比較的甘い金融機関をネットの口コミサイトなどで探しておくといいでしょう。

お得に借りたい!住宅ローンランキング

[変動金利]で比較!住宅ローン

TOP