賢い人は始めている!?リノベーションやリフォームで資産価値を高めよう

資産価値

ここでは、リノベーションがどのように資産価値を高めてくれるのか、具体的な施工事例を取り入れて説明したいと思います。

リノベーションやリフォームで、建物の資産価値はアップする!

古い一軒家をマンションし、リノベーションやリフォームをするのが流行しています。また、賢い人たちはリノベーションで資産価値を高め、高値で物件を売却しています。

リノベーションをした物件は、日当たりが悪くても高値で売れた!?

リノベーションが「資産価値を高めた例」について、具体的に紹介しましょう。

《 リノベーションで高く売れた Tさんの例 》

Tさんは「築20年のマンション」に二室の部屋を所有(投資物件)していました。一室はリノベーション無しのA物件。もう一室のB物件は、5年前にリノベーションをしています。

Tさんは同時期にAとBの物件(二室)を売りに出しました。当たり前の事ですが、最初に買い手が付いたのは、5年前にリノベーションをしたB物件でした。

B物件は5年間使用したものの、内装も新しく壁紙なども汚れていませんでした。また、B物件は日当たりが良くありませんでした(北向き)でしたが、南向きのA物件よりも高い値段で売却できました。

mado

A物件は日当たりも良く、見晴らしも良い物件です。建築当初はマンション中でも人気の物件でした。

しかし、マンションが老朽化すると資産価値はどんどん下がっていきます。なかなか買い手が付かないA物件は、リノベーションなどで資産価値を高める必要がありそうです…。

マンションは、こまめな管理次第で「人気物件」に変えられる

また、リノベーションで「資産運用」に成功した人の例をひとつ紹介しましょう。

《 リノベーションで資産価値アップに成功した Kさんの例 》

Kさんは、不動産で大きな成功を成し遂げました。(彼が30代の頃)コツコツと貯めた貯金を使い、小さな中古のアパートを購入しました。物件の取得費用は、貯金の残りを頭金にし長期固定金利の「賃貸物件ローン」で融資を受けました。

Kさんは内装のリフォームを業者に頼まず、得意のDIYを生かしました。畳の部屋をフローリングに変え、壁紙は海外のインテリア量販店で調達したものを使いました。

また、物件は大学の集中する街に位置していました(学生街)。このため、アパートの募集をかけたと同時に、数人の学生が物件の賃貸を希望しました。借入希望者を選定するのは難しかったのですが、最も良い学生に部屋を貸すことができました。

小さなアパートでしたが、毎月副収入が入ってくるのはうれしいものです。利息は6%と高めの設定でしたが、Kさんが40歳になったと同時にローンを完済することができました。

彼の部屋はこまめにメンテナンスをしていたおかげで、資産価値を損なわずに住みました。また、新しいデザインの壁紙やクロス、床材などを使用したおかげで、若者〜社会人からも「人気の物件」として成長しました。

このようにして、Kさんは定年後の資産を確保することができました。定年になっても「価値のある賃貸物件」を持っているため、生活費に不自由することはありません。

リノベーションした中古物件は、資産運用に最適!

desk

ここまで(TさんとKさんの例を)紹介したとおり、リノベーションを生かせば「賢い資産運用」が実現します。年金や退職金の少なさに不安を抱えている方は、賃貸物件の運営・管理について真剣に検討してみてください。

投資物件ローンを借りるのが難しい場合は、住まいの一部を賃貸にする「賃貸併用住宅」の取得がおすすめです。住まいの半分を居住スペースに充てれば、金利の低い住宅ローンを利用し、賃貸物件を建てることが可能です。

もちろん、自身が住む必要がありますが、投資物件ローンよりも低い金利で融資が受けられます。

リノベーションの費用は、専用の「リフォームローン」が組める

日本政策金融公庫の融資を利用して、リフォームローンが組めます。個人または法人が利用でき、改築工事(リフォーム)のほか、増改築にも融資が受けられます。限度額は、工事費の80%もしくは融資限度額のいずれかが「低い額」が設定されますが、詳しい「融資限度額」については、直接金融公庫に確認を取ってください。

日本政策金融公庫「賃貸住宅リフォームローン」

無担保で使える、信販会社の「リフォームローン」

tucho

クレジット会社の一部では、リフォームローンを取り扱っています。住まいの修繕だけでなく(一部は)賃貸物件にも活用できます。限度額は100万円〜300万円と少なめですが、担保無しで借りられるので手軽に利用できます。

ただ(クレジット会社の融資は)金利が8%〜10%を超えることがあるので、注意が必要です。クレジット会社から借りる場合は、短期的融資が必要な場合のみ利用しましょう。

リノベーションを生かした、住まいの賃貸管理

ここまで見てきたとおり、リノベーションを生かせば物件の価値を高めて、賢い資産運用ができます。

特に、中古物件(の購入)とリノベーションの相性は最高です。中古マンションやアパートの購入には(リフォームや修繕で)メンテナンスを行い、高値で売れる物件を作り上げましょう。

ワンポイントメモ 『審査が不安なら、居住スペースのある賃貸物件が◎』

居住スペースと賃貸物件を一つにした「賃貸併用住宅」には、住宅ローンが利用できます。

投資ローンに比べて、貸し付け条件(金利や審査)が良く、少ない頭金でも安心して物件が購入できます。

お得に借りたい!住宅ローンランキング

[変動金利]で比較!住宅ローン

TOP