注目を集める「長期優良住宅ローン」がお得な理由

設計

長期固定金利住宅とは「長く快適に住める」家を指します。優良住宅を建てれば、金利や税金の面でさまざまな優遇が受けられます。ここでは、優良住宅の定義と得られるメリットについて、詳しく説明しましょう。

長期優良住宅は、金利の優遇や補助金が受けられるのでお得!

長期優良住宅には、金利の引き下げや補助金(助成金)が受けられるなど、たくさんのメリットがあります。例えば、長期固定金利住宅ローンの「フラット35」では、長期優良住宅向けの「フラット35S」が利用できます。

フラット35でも「長期優良住宅向け」ローンが利用できる

フラット35Sは、一定の基準(住まいの性能)を満たせば、通常の0.6%金利が低く設定されます(適用期間は、借入当初から5年〜10年まで)。

このほか、各自治体では長期優良住宅は向けの改修費用の補助、助成を行っています。バリアフリー化や耐火・耐震工事、調査費用なども自治体が負担してくれるので費用的にも大変お得です。

ただし、給付率や助成される金額は、自治体の制度によって異なります。どのような制度が利用できるのか、ハウスメーカーや施工業者、最寄りの県庁、区役所や市役所、役場に問い合わせをしてみましょう(役所等の”公式サイト”でも確認できます)。

優良住宅が優遇されるのは「高品質で安全な住まい」だから

平成21年に「長期優良住宅の普及促進」に関する法律が施行されました。日本では、比較的早いスパンで住まいの買い換えが行われますが、ヨーロッパや欧米では、古い住まいを改修・補修して「長く住む」のが一般的です。

こうした、ひとつの住まいを「何世代に渡って大切に住み続ける」姿勢は、環境保護に繋がります。日本でも、長期優良住宅に対する理解が深まり、耐久性に優れた住まいには金利を優遇したり、補助金を給付するようになりました。

私たちの良く知る「フラット35」や金融機関の住宅ローンでも、金利の優遇が行われています。優良住宅には「フラット35S」という融資が適用され、通常の金利から(当初5年〜10年)0.6%の優遇が受けられます。

このほか、自治体でも「長期優良住宅への助成」や補助金によるサポートを拡大させています。マイホームを取得するのなら、長く住める快適な家を建てましょう。

金利の優遇や補助金を活用すれば、数百万円〜最大1,000万円を超える費用が削減できます。

優良住宅の定義(どのような点を満たしているのか)

長期優良住宅とは、以下の基準を満たした住まいを指します。

長期優良住宅の定義
① 耐震性 ② 耐久性
大規模な(建築基準法の想定する1.25倍の)地震に耐えうる住まい 100年程度使用出来る構造(耐久性)を持った住まい
③ 維持管理や更新のしやすさ ④ 省エネルギー性
内装や設備の管理(補修や改修)がしやすい 断熱性能など、省エネルギー性に優れた住まい
⑤ バリアフリー性 ⑥ 居住環境
段差や勾配、扉、スロープなどに配慮し、高齢者が快適に住める住居 居住環境の維持、周囲に調和した景観かどうか
⑦ 維持保全計画 ⑧ 住戸の面積
将来に備えて、住まい全体の定期的な補修を計画を立てること 一戸建てであれば75㎡以上、マンションの場合は55㎡以上の「住むのに快適な広さ」がある

加えて、マンションの場合は「可変性」が求められます。可変性では、間取りの変更がしやすいかどうかが求められます。

マンションは、リフォームやリノベーションが盛んですが、可変性の高い住まいは工事がしやすく、長きに渡って快適な状態に管理しやすいのが特徴です。

ワンポイントメモ 優良住宅に耐火性の設定はない?

長期優良住宅には「耐火性」の設定はなく、木造建築でも認定を受けることが可能です。

長期優良住宅として、認定を受けるには?

長期優良住宅の認定は、所管行政庁(地方公共団体)が行います。施工前に申請を行い、長期優良住宅の審査を受けましょう。申請は、施工をお願いする工務店やハウスメーカーに依頼してください(※ 専門的な知識は必要なので、プロに申請を任せればOK)。

一般財団法人 住宅性能評価・表示協会「長期優良住宅認定所管行政庁の検索」

認定の基準を満たしているか、事前の確認が必要

まずは、本記事の前半で説明した「長期優良住宅の定義」を見て(住まいが)認定基準を満たしているかどうかチェックしましょう。そして「長期優良住宅」として認定されたら、金利の優遇や自治体の助成金・補助金などを活用してください。

参考:国土交通省「長期優良住宅の認定基準について」

お得に借りたい!住宅ローンランキング

[変動金利]で比較!住宅ローン

TOP