離婚した場合、住宅ローンの支払いはどうなる?

離婚

近年、離婚をするのは、珍しいことでは無くなりました。ただ、最も面倒なのは「住宅ローン」の問題です。特に、ローンが残っている物件は、名義や支払いをどのようにするのか、夫婦の間で揉めやすくなります。

ここでは、離婚後の住宅ローンについて「支払いや名義をどのようにすべきか」詳しく説明したいと思います。

離婚後の住宅問題|住宅ローンやマイホーム問題をケース別に解説

離婚をされた方、これから離婚をされる方は、ぜひ参考にしてみてください。

はじめに「名義人・連帯保証・連帯債務」をもう一度チェックしよう!

住まいを購入する際「夫を名義人」として、ローンを組むパターンが多いです。しかし名義人には二種類あり、ローンの名義人と所有名義人は、それぞれ別です。

離婚をする前に「どのような名義で借入をしたのか」ローン内容の再確認を行いましょう。ローン契約者が返済を続けられるのなら、問題はありません。

喧嘩

また、契約に違反しなければ、所有名義を妻に書き換えたり、別の家族名義に切り替えることも可能です。

どちらか一方が出て行った場合、誰を所有名義人にするのか、夫婦で冷静に話し合うようにしてください。

連帯保証人になっている場合、返済義務が生じる…!?

妻が連帯保証人や連帯債務者になっていた場合、妻が「返済義務」を負うことになるので、注意が必要です。例えば、夫が病気や怪我、経済的な問題で「返済できない」とき、妻が返済するよう求められます。

離婚後も、ローンや債務で揉めないよう(できるだけ早い段階で)、スッキリと問題を解決してから、手続きを進めましょう。

離婚をしたら、住宅ローン支払いは「4つのパターン」から選択しよう

離婚をする場合「住宅ローンの支払い」は、以下4つの方法で解決できます。

離婚|4つの方法でローン問題を解決しよう!

  1. ローン残債以上の金額で、売却をする
  2. 名義人を「夫のまま」にして、夫が出て行く
  3. 名義人を「夫のまま」にして、妻と子どもが出て行く
  4. 名義人を「妻」に変更して、夫が出て行く

1〜4について、詳しく解説しましょう。

1. ローン残債以上の金額で、売却をする

住宅ローンが完済できているのなら、今後のためにも「自宅を売却」してしまいましょう。しかし、ほとんどの方はローンが残っているはずです。借入がある場合は、夫婦で「今後の支払い」について相談しましょう。

朱肉

ローンが残っている場合は、ローンの残債以上の価格で家と土地を売却しましょう。しかし、中古物件の価値は非常に低く、売却をしても「マイナス」になることがほとんどです。このため、高値で売り出しても、買い手が付くのは難しいと言えます。

1の方法で問題が解決できない場合は、②〜③の方法でローン返済を続ける必要があります。

2. 名義人を「夫のまま」にして、妻と子どもが出て行く(夫が残る)

2は、ローン返済は夫が継続(住まいに残って、住み続ける)し、妻と子どもが出て行く方法です。夫が単独で契約した場合、名義の書き換えなども無いので、契約トラブルもありません。

ただし、夫が契約をした場合でも「妻に連帯保証義務」があれば、離婚をした後でも揉める可能性があります。資金に余裕があれば、一括返済することも可能ですが、債務が多ければ現実的な方法ではありません。

この場合、先に「別の連帯保証人」を立て直すか、別の「連帯保証人不要」なローンに、借り換える必要があります。

3. 名義人を「夫のまま」にして、夫が出て行く(妻と子どもが残る)

3は、夫が出て行き、妻と子どもがそのまま(元の家に)住み続ける方法です。住まいの名義を「妻に変更」し、返済は夫が続けるという形を取ります。

離婚原因が夫にあれば(妻は)慰謝料を受けながら、3のような形で住み続けることが可能です。また、慰謝料を請求しない代わりに、家の所有権をもらうケース(離婚事案)も多いです。

ただし、住宅ローンの債務が残っているまま名義変更すると(住宅ローンでは)契約違反にあたります。

家

また、夫の側でローンの返済が滞った場合、妻に返済の義務が生じたり(※連帯保証人になっていた場合)、住まいの差し押さえが起こる可能性も、否定できません…。

こうした問題を回避するために、住まいを売却するか、名義の問題で揉めないよう、最良の方法を(夫婦で)話し合うようにしましょう。

4. 名義人を「妻」に変更して、夫が出て行く(妻と子どもが残る)

もちろん、離婚の形は一つではありません。夫と子どもが同居し、妻だけが出て行くパターンもあるでしょう。反対に、夫と子どもが出て行き、妻だけが残って住むパターンも存在します。

まずは、家族で「今後の生活」と相続、ローン返済について、きちんと話し合いをしましょう。名義を妻に書き換える場合(上記③を参照のこと)、住宅ローンの契約違反にあたる場合があります。

この場合は、ローンの残債を一括返済してしまうか、売却をしてから、新しい住まいに引っ越した方が丸く収まるでしょう。

離婚をする前に、先に済ませておきたいこと「名義の書き換え」

話し合い

離婚をする前に、名義やローンの支払いは誰にするのか、何度も「確認をする」必要があります。妻名義にする場合、妻に充分な収入があれば、新たに住宅ローンを借り換え(名義を)、変更することも可能です。

フルタイムでお勤めの方(女性)は、名義変更とともに、ローン借換についても検討してみてください。

参考記事:車や不動産の名義変更は済ませましたか?【離婚前に確認】

まとめ・問題を解決して、新しい未来に向かって進んでいこう!

ここまで、離婚前・後の手続や話し合いについて説明しましたが、離婚には大きなエネルギーが必要です…。それぞれが精神的に消耗しないよう、できるだけ冷静になり、気持ちよく問題が解決できるよう努めてください。

特徴で賢く選ぶ!住宅ローン人気ランキング

※10月21日現在の当サイトの申込件数を元に作成したランキングです

[変動金利]で比較!住宅ローン

TOP