【物件契約までに】モデルルーム見学会に参加しよう(マンション)

説明

家族

マンションは、建物が完成する前に展示場がオープンし、建物が建つ頃にはすべての物件が(既に)売りに出されています。人気のあるマンションであれば、完成前に「すべて完売」ということも、珍しくありません。

気になるマンションがあれば、ぜひモデルルーム見学会に参加してみましょう。本記事では、マンションのモデルルーム見学会で、どのようなことが行われるのか、詳しく解説します。

マンションのモデルルーム見学会について

仕事

「モデルルーム見学会」「マンション見学会」と呼ばれることもあります。
「新築分譲マンション○○ △△駅から徒歩5分の場所に完成!モデルルーム見学会実施」
と新聞広告などで見学会の実施が告知されます。同時にその場で入居の申し込み予約や契約の受付をすることもあるので、気になる物件なら見学に行ってみましょう。

モデルルーム見学会は

  1. 発売予定のマンションの一室を見学するケース
  2. モデルルームとして作られた部屋を見学するケース

の2通りがあります。

1は建物内にモデルルームとして作られた部屋を見学するもので、2は販売センターなど別の敷地に作られた部屋を見学します。

いずれも実際に発売される部屋の内部を再現したものですが、販売センターでは

  • 日当たり
  • 防音
  • 眺望
  • 外観
  • エントランスなどの共有部分
  • 周辺の環境

などはわかりません。

その場合はパンフレットで全体像をつかんだり、現地に足を運んで外観や周辺環境を見たりしましょう。

住宅ローンで知っておきたい用語⑲: 入居預かり金/予約金

マンションを購入する際には「入居預かり金」「予約金」を納めるように言われることがあります。
これはその物件を他の購入希望者に取られないように押さえるためのお金で、一戸建て住宅の「手付金」にあたるものです。

金額に特に決まりはありませんが、一般に未完成物件は上限が物件価格の5%、完成している物件は上限が10%が目安です。

モデルルーム見学会でチェックすべきポイント

モデルルーム見学会では、次の点をチェックしましょう。(いずれも棟内モデルルームの場合です)

1.共有部分
□エントランス…広さやエレベーターまでの動線)
□セキュリティ……防犯カメラの設置位置やオートロックの仕組みなど
□駐輪場の位置と数
□ごみ置き場の広さや距離
□ゲストルームなどの雰囲気
など

2.居室部分
□玄関の施錠方法やインターホンの確認
□対震ドアの有無(地震の揺れでドアがゆがんでも出入りできるかどうか)
□間取り
□内装
□天井の高さなど部屋の空間
□日当たり
□水回りの使い勝手(洗面台、トイレ、浴室が使いやすいかどうか)
□浴室、洗面所の広さや高さ(浴槽が深くないか、安全かどうかなど)
□キッチンの広さや機能
□各部屋の動線
□ベランダの広さ
□収納のスペース(家族分が入るかどうか)
□各設備の内容
□防音(外の音が聞こえにくいかどうか)

窓

3.周辺の環境
□ごみが散乱していないか
□夜遅くまで営業している飲み屋さんがないかどうか(酔っ払いが多いと騒がしくなる)
□駅やバス停までの距離
□バスの時間と本数
□買い物や病院、銀行などの数と距離

など、実際にそこで暮らすことをイメージして、さまざまな角度からチェックすることが大切です。

メモ:モデルルーム見学会の実施時期

モデルルーム見学会は新築マンションの発売前に実施されるケースと発売後に実施されるケースがありますが、発売前でも見学会が始まるとすぐに完売することがあります。

見学会の案内が届くように事前にサイトをチェックしたり、資料請求したりしておくとチャンスを逃さずに済みます。

マンションは、階数や間取りによって価格が大きく異なる

家

公開されているモデルルームは一戸建ての「モデルハウス」と同じで最高ランクのものを提供しています。
キッチンやトイレ、浴室などの設備も最高級のものが設置されていますが、実際に発売される部屋がどうなっているのかをよく確かめましょう。

また、同じマンション内でも角の部屋や南向きかどうか、階数、部屋数などによって販売価格が大きく異なります。
予算に合うかどうか、また予算に合わせて部屋を選んだところモデルルームよりも狭いということがあるので注意しましょう。

入居説明会の注意点|契約は慌てず、時間を置いて考えよう

カタログ

販売会社の営業担当者は
「人気の物件なので予約だけでもしておくといいですよ」
「すでに予約が何件かあるので抽選になります」
などと言って答えを急がせることがあります。

確かに人気物件は抽選になることがありますが、決して慌てて決めないようにしましょう。

マンションの契約は冷静に!

急いで申し込んで後悔しないために

  • 複数の物件を比較すること
  • 予算に無理がないかよく検討すること
  • モデルルームの良さだけに惹かれずに周辺の環境などもチェックすること

をしておきましょう。

そして、その場で即答せずに申込の締め切り日をきちんと確認することが大切です。

まとめ|マンションの見学会で「住まいの雰囲気」を感じてみよう!

マンションの見学会はモデルルームの中ばかりに意識が向きがちです。
しかし、実際は道路からエントランス、部屋までの様子や周辺の環境なども住み心地に大きく影響してきます。

売りに出たばかりのマンションはインターネットのホームページでも画像入りで詳しく紹介していますが、実際に来場してその場の雰囲気などもよく確認しましょう

マンション見学会では物件(部屋)の間取り、内装、設備関係だけでなく

  • 物音
  • 日当たり
  • 生活環境

など現場に行かないとわからないことをしっかりチェックしましょう。

また、営業担当者の「早く決めないと売り切れますよ」といったセールストークに流されないように、複数の物件を比較検討することが大切です。

特徴で賢く選ぶ!住宅ローン人気ランキング

[変動金利]で比較!住宅ローン

TOP