頭金なしの住宅ローン|メリットとデメリット

住宅街

頭金なしのローンは「初期費用が少なく済む」というメリットがあります。ただ、全体的に見ると、頭金なしのローンにはさまざまなリスクが伴います。ここでは「頭金0円」ローンの、メリットとデメリットについて詳しく解説しましょう。

頭金なしローンのメリットは「手持ちのお金が減らない」こと

頭金が必要なければ、手持ちのお金を残しておくことが可能です。引っ越しには、ローンの諸経費だけでなく、引っ越し費用や家電や家具、インテリアの購入にお金がかかります。

このような時、頭金が0円のローンを組めば、手元のお金を諸経費に充当できます。

家族

また、頭金なしのローンは、審査に時間をかけず、スピーディーにマイホームが購入できます。500万円や1,000万円といった頭金を貯めるのに、数年もかかっていては、マイホーム購入のタイミングを逃しやすくなります。

しかし、頭金なしのローンを使えば「引っ越したい」と思ったタイミングで、欲しい物件が手に入ります。

頭金なしローンの意外なメリット・ローン減税の割合が増える!

頭金なしでローンを組めば、借り入れ全体の金額はより多くなります。「借金が増える」のはネガティブなイメージもありますが、ローン減税の面では「お得度の高い」借り入れ方法です。

なぜなら、ローン残高が多くなればなるほど、ローン減税の額が増えるからです。

実際に減税額を増やすため、あえて「頭金なし」で借入額を増やす方がいます。年末のローン残高の1%が「ローン減税」として戻ってくるのですが、1%以下で融資を受ければ「ローン減税で得する」ことができます。

ただし、ローン減税の額は、支払った所得税(住民税も一部含まれる)が「上限額」となります。上限金額を超えてしまうと、頭金なしでもメリットがなくなるので注意しましょう。

ここまで、頭金なしのメリットを見てきました。「頭金なし」でも、賢く融資を受ければ税金の面で優遇されます。

しかし、多くの住まいは「頭金がある」ことを前提にローンが組まれます。このため、買える物件には限りがあります。次に、頭金なしローンのデメリットについて見てみましょう。

頭金なしローンのデメリットは「返済の道のりが長くなる」こと

考える

頭金なしでローンを組むと、返済の道のりは長くなります。銀行や金融機関の多くは「頭金の多さ」も審査の対象にします。頭金が多ければ「貸し倒れのリスクが少ない」と考えるため、資金が多ければ可決率が高くなるのです。

また、頭金なしで融資を受けると、借り入れの年数が長くなり、全体の「返済総額」が多くなります。頭金なしでローンを組む場合は、できるだけ繰り上げ返済を増やすようにしましょう。繰り上げ返済をがんばっておけば、返済総額を少なくそ、無駄なくローンが活用できます。

頭金は、500万円〜1,000万円程度貯めておくと安心!

マイホーム購入者の多くは、平均1,000万円の頭金を貯めています。1,000万円の貯金が難しい場合は、物件価格の約20%を目標に頭金を用意しましょう。例えば、3,000万円の物件を購入するのなら、約500万円〜600万円の頭金があれば安心です。

十分な頭金があれば(ローン)審査の流れがスムーズになり、ストレスなくローンが組めるはずです。

頭金を貯めるのが難しい時には、購入のタイミングや物件価格を見直すこと

計画

頭金を貯めるのが難しい場合は、マイホーム購入のタイミングをずらしたり、物件価格の見直しをしましょう。どんなに魅力的な物件でも、収入に合わない買い物は「家計に負担」がかかってしまいます。

返済で無理が出ないよう、利用するローンや物件の価格、購入計画をきちんと立てておいてください。

お得に借りたい!住宅ローンランキング

[変動金利]で比較!住宅ローン

TOP