年収400万円の方が借りられる住宅ローンの金額はいくら?

マイホーム

本記事では、世帯年収400万円の方を対象に、住宅ローンで「いくらまで借りられるのか」解説します。

また、年収400万円の方は「どのくらいの物件が購入できるのか」か、おすすめできる住宅ローンと合わせて説明したいと思います。

年収400万円なら、いくら借りられるのか?

住宅ローンにおいて「無理なく借入できる金額」は、以下で計算できます。

住宅ローン・無理なく借りられる金額
年収 × 5倍 =  無理なく借りられる金額

例えば、年収が400万円の方なら「約2,000万円」が、無理のない借入限度額となります。

みなさんも、年収を5倍し「いくら借りられるのか」シミュレーションしてみてください。

年収400万円の方が、買える住まいの価格

PC

(前項で説明した通り)年収400万円の方なら「2,000万円」が、無理なく借りられる金額です。しかし、2,000万円の予算では、買える物件(住める場所)が限られてしまいます…。

例えば「都心で一戸建て」を購入しようとしても、2,000万円で買える物件は、ほとんど見つかりません。中古マンションであれば、不可能ではありませんが、一戸建てを購入するには(都心の場合)予算が少なすぎます。

もちろん、頭金がいくらか準備できるのなら、物件の選択肢は広がります。もし、800万円の頭金が用意できるなら、予算は「2,800万円」にまで膨れあがります。

このほか、親や家族からの援助が1,500万円あれば、買える物件は「4,300万円」にまでアップします。

4,300万円準備できれば、(都心は無理でも)都内にも買える一戸建ては、いくつか見つかります。またマンションであれば、小さいながらも「快適な住まい」が購入できるでしょう。

予算に合わせて、住むエリアを選定する

都心にこだわる必要はありません。例えば、都心へのアクセスが良い神奈川や千葉、埼玉エリアにまで範囲を広げれば、予算内で希望する物件が購入できます。

都心に限らず、名古屋、大阪、神戸、福岡などの大都市でも同じです。中心部に住まいを購入するのは大変ですが、周辺のベッドタウンや(アクセスの良い)地方で物件を探せば、予算内で「理想とする住まい」が見つかるでしょう。

住宅ローンで知っておきたい用語④: ライフプラン

住宅ローンを利用する際、借入限度額や物件価格以外にも「ライフプランを考慮」する必要があります。

ライフプランとは、別名「生涯設計」と言い、人生における節目ごとに「いくら、お金が必要なのか」資金計画を立てることを意味します。また、ライフプランには、家族の生活費や教育に必要な費用、冠婚葬祭費等も含まれます。

年収400万円の方におすすめの住宅ローン

リビング

年収400万円の方は、長期固定金利型ローンで資金を調達しましょう。変動金利ローンの場合は、利息が上がった場合のリスクが大きく「今後の返済負担が増える」危険性が高いです。

このため(年収400万円の方は)安全にローンが組める、フラット35やその他「低金利・長期固定金利型ローン」の利用がおすすめです。

実際、各金融機関の住宅ローンは「フラット35」の申込が大半を占めます。フラット35の良さは、借入から完済時まで「金利が一定」なので、返済計画が立てやすい点にあります。

借入可能な金額、返済総額、月々の返済額については、フラット35の「シミュレーションツール」を使って試算してみましょう。ここでは、フラット35の単独シミュレーション以外にも、他社からの借換や、複数のローンが比較できます。

まずは、年収を元にして、今後の借入額と返済総額を計算してみてください。

参考:ローンシミュレーション(フラット35・公式サイト)

メモ:フラット35のイベントに参加してみよう

フラット35を実施する「住宅金融支援機構」では、全国(住宅金融支援機構の各支店)で、住宅ローンの説明会や無料セミナーを開催しています。フラット35を利用される方は、最寄りの会場で、説明会に参加してみてください。

参考①:全国の「フラット35」ローン説明会(住宅金融支援機構)

また、時間が無い方は「Webセミナー」を利用しましょう。住宅金融支援機構のサイトでは、インターネットを使った「無料動画セミナー」が視聴できます。

参考②:フラット35・Webセミナー(住宅金融支援機構)

年収400万円の方が「マイホーム購入で」気をつけるべきポイント

家

年収400万円の方が、気をつけたいのは「借入限度額」の設定についてです。年収の5倍という目安があるものの、借入限度額を大きくし過ぎるのは(返済負担が増えるため)、大変危険です。

返済負担が大きくならないよう、家計の状況と照らし合わせ「バランスの良い借入額」を決定してください。また、月々の返済額が多すぎるのなら(金融機関に相談の上)無理なく、調整を行ってください。

まとめ|予算の範囲内で、無理なく「自分に合う住まい」を見つけよう!

引越

年収400万円の方は、所得と比較し、バランスの良い金額で「借入額」を決定しましょう。

借入額に無理がなければ、返済負担も少なく、安心してローンが利用できます。また長期固定金利型ローンを活用すれば、少ない利息で(お得に)マイホームが手に入ります。年収400万円台の方は、借入の参考にしてみてください。

お得に借りたい!住宅ローンランキング

[変動金利]で比較!住宅ローン

TOP