先着順の物件「気に入ったら即予約」すべき!?

説明

くじ

新築マンション物件の多くは、先着順に申込を受け付けています。また、人気のあるマンションは即完売し、場合によっては入居者の抽選を行った後、物件を販売します。

本記事では、マンション購入を例に、先着順の物件と抽選購入の仕組みについて解説します。

新築マンションの先着順物件とは

ゴール

新築マンションには申し込みが早い人から順に購入できる「先着順物件」があります。
販売開始日予定日をチラシやホームページ上で公開して「先着順に受け付けます」と表示したり、すでに販売を開始している物件は「先着順申込受け付け中」と表示したりしています。

販売物件数は限られているので、文字通り早いもの順で購入できます。

先着順物件の申込み方法

契約書

まずは事前にモデルルームや見学会などでどんな物件かをよく確かめておきます。
質問は見学の段階で聞いて、疑問点を解決しておきましょう。

そして、先着順の申込受け付け開始日と申し込み場所、申し込み時に必要な書類、申込証拠金が必要な場合はその金額を聞いておきます。

先着申込開始日

  1. 申込み当日に申込み場所(業者の事務所か購入するマンション)に行く
  2. 購入申込書(購入予約書)に記入する
  3. 必要な書類(過去2年分の源泉徴収票など収入を証明するもの)を提出する
  4. 申込証拠金を支払う

これで購入の申し込みは完了します。

抽選の場合は抽選に申し込んで当選したかどうかがわかるまで数日かかります。
その間に「本当に買うかどうか」を考えることができますが、先着順はその場で申し込むことになります。
事前によく検討してから先着順の申し込みに行きましょう。

メモ:買い主からキャンセルした場合、手付金は返ってこない

申込証拠金はキャンセルした場合、戻ってきますが、手付金は買い主側の事情でキャンセルした場合は戻ってきません。

手付金は
・中古物件・完成済物件の場合…物件価格の10%
・未完成の新築物件の場合…物件価格の5%
が相場です。

3000万円の物権なら手付金は300万円が必要になります。高額になるため、手付金を払うのは慎重にしましょう。

・なお、売り主側の事情でキャンセルを申し出てきた場合は、手付金は返金されますが、売り主が倒産した場合はそのときの状況によって手付金が戻らない場合があります。

不動産業者の経営状況や評判などを事前に調べておくことが重要です。

マンションの抽選購入|倍率が高いマンションは、購入が難しい…!

マンションの購入には先着順とは別に「抽選」で購入者を決める方法があります。

特に次のような物件は人気があり、抽選方式を採用するケースがよく見られます。

  • ターミナル駅(複数の路線が乗り入れている駅)から近い
  • 1階角部屋庭付き
  • 最上階バルコニー付き
  • 角部屋
  • 同価格帯でも間取りがゆったりで広い

当たり

これらは「ターミナル駅なら自分の通勤だけでなく、今後子どもが成長して通学するときにさまざまな路線が使えるので便利」「出入りが楽な1階がいい」「隣に気を使わなくてもいいので角部屋がいい」という理由で、どこのマンションでも人気があります。

一方、中層階で両側に部屋がある「中住み戸」や、同じ広さでもデザインに凝っていて価格が高い物件などは人気が低く、抽選でも倍率が低い傾向にあります。

人気物件の倍率は20倍以上に!

都内の新築マンションの抽選の倍率の例です。

  • 最上階バルコニー付き…25倍
  • 1階角部屋庭付き…8倍
  • 中層階の角部屋…5倍
  • 中層階で間取りが広い…4倍

当然ですが入居できるのは1家族だけなので、倍率が高くなるとなかなか入手するのは難しいですね。「当たればラッキー」という気持ちで応募してみるといいですよ。

抽選の方法

業者によって異なりますが、ガラガラを回す「ガラポン抽選」や「ビンゴカード」で1番にビンゴになった人が購入権を得られるという方法などがあります。

ガラポン抽選の場合は申し込み順にガラガラを回します。

不正がないように立会人がいるので、安心して抽選に挑戦してみましょう。

抽選に外れた場合|次の候補物件を探そう

くじ

抽選式のマンションの場合、抽選に外れてしまったら仕方がありません。
抽選に当たった人は購入予約をして申込証拠金を納めて、手続きを進めていきます。そこを無理に曲げることはできません。「運がなかった」とあきらめて、ほかの物件を探すのが得策です。

抽選に外れたときは、不動産業者から別の物件をすすめられる場合があります。
当初の予算よりも高くなる場合は、セールストークに乗らないようにしましょう。他のマンションも探して、複数の物件の中からもう一度比較検討をすることが大切です。

まとめ|先着順の物件・キャンセル費用が掛からないなら「即予約」

先着順方式で販売している物件を手に入れる場合のポイントをしっかり押さえておきましょう。

1.事前に物件をチェックすること

抽選方式と違ってとにかく早く申し込んだ人が購入できます。モデルルームの公開やプレオープン、見学会などで部屋だけでなくマンション全体をしっかりチェックすることが大切です。他の物件ともよく比較して、納得の上で申し込みましょう。

2. 営業担当の売り言葉に流されないこと

「先着順だから」と客の決断をあおる営業担当がいます。
実際に人気物件で先着順ですぐに完売するケースもありますが、勢いや流れだけで決断しないことが大切です。

3. 購入予約はキャンセルが可能

購入予約や購入申し込みは後からのキャンセルが可能です。気に入った物件がある場合は「その場で予約」してしまうのもおススメです!
予約証拠金を払っても、後で返ってきますよ。

先着順物件は事前の下調べと決断が重要ですね。

特徴で賢く選ぶ!住宅ローン人気ランキング

※8月17日現在の当サイトの申込件数を元に作成したランキングです

[変動金利]で比較!住宅ローン

TOP