今すぐ始めよう! 田舎暮らしに向けた「住宅ローン」活用

田舎

憧れの田舎暮らしにも、住宅ローンが活用できます。また、ローンだけで無く自治体の助成金や補助金なども充実しており、地方での生活を「強力にサポート」してくれます。

本記事では、田舎暮らしに役立つローンの使い方と、地方自治体が設定する「住まいの補助金」について解説しましょう。

田舎暮らしで使える住宅ローンの種類

風景

田舎での移住生活を考える場合でも、住宅ローンは通常通り利用できます。ただ、多くの住宅ローンでは年齢制限が設けられていて、完済年齢が75歳~80歳に設定されています。
セミリタイアする場合は、長期の借り入れは老後の生活設計に影響がないようによく考える必要があります。

しかし、田舎の物件は土地代が安く、古民家や空き家バンクに登録されている物件は住まいの価格も安いため、都心で家を持つよりも安い費用で入手が可能です。
資金計画と物件価格を照らし合わせて理想の暮らしを手に入れましょう。

住宅ローンで知っておきたい用語No.69: 自治体の給付金

田舎暮らしや地方の移住を促進するために各自治体では、さまざまな給付金を設けています。

給付金には
・移住支援補助金
・定住促進奨励金
・住宅建築補助
・宅地の無償譲渡
・リフォーム費用の補助

など自治体によって工夫を凝らした制度があります。

また、3人目以降の子どもの出産に対してお祝い金(奨励金)を交付したり、起業を考える人には開業資金の補助を交付したりと「子育て支援」や「開業支援」「就労支援」などの給付もあります。

くわしい内容や申し込み、手続きは各自治体の役所に問い合わせてみましょう。

地方自治体が用意する、住まいの給付金

地方自治体では人口流出を防ぐために、移住を希望する人に向けての助成金や補助金を設けています。

住宅の取得やリフォーム、移住先での開業や就業に対しての支援も多いので、条件に合う場合はぜひ利用してみましょう。

メモ: 地方自治体の移住支援の政策

移住者支援の施策をいくつかご紹介します。
(なおこういった施策は見直しがあるので、利用する場合はそのつど自治体に確認してください。)

施策 対象の自治体 内容
宅地の無償譲渡 北海道八雲町 移住者で住宅建築する人を対象に町有地を無償で譲渡
空き家バンク登録物件の利用 全国各地の自治体 空き家バンクに登録している物件を購入(または賃貸)する人に対してリフォーム費用の一部を補助
住宅購入費用補助 石川県七尾市 指定する土地に住宅を建てて移住する人に奨励金として200万円を交付
住宅購入費用補助 鹿児島県指宿市 移住者が住宅の購入や新築する費用を最大100万円補助

特に空き家バンクは全国各地の自治体で実施しています。多くはリフォームが必要な物件ですが、リフォーム費用を補助してくれるので、ぜひ利用してみましょう。

ローンと補助金を活用した、住まいの購入方法

ダンボール箱

田舎に移住する際には、上記の補助金や給付金を有効に活用しましょう。
また、退職金の一部を頭金に入れたり、住宅ローン減税を利用したりすることで結果的に購入費用を抑えることができます。

住宅ローン減税は購入(入居)した年の分から10年間、所得税と住民税の一部が控除されるもので、最大で400万円、優良住宅の場合は最大500万円が戻ってきます。
これと補助金制度をうまく組み合わせることで、実質的な購入価格を抑えることができます。

地方で家を買う時に、気をつけたいこと

家族

地方に移住するということは、もともとその土地に住んでいる人たちと調和して暮らすことが求められます。
地域の風習やルールがあり、なじめないと居づらくなってしまいます。

せっかく新天地での暮らしを夢見ていたのに、「こんなはずじゃなかった…」と悔やまないためにも、移住者を快く受け入れてくれる土地柄かどうかをチェックしておきましょう。

そのためにおススメできるのが「移住体験」です。自治体の給付制度のひとつに「移住体験の支援」があります。

自治体 内容
栃木県矢板市 移住を検討している人を対象に築100年超の古民家での移住体験を1ヶ月~最長3年間、低家賃で利用できます
島根県 県内各地の空き家での移住体験を1週間~3ヶ月間する場合に家賃の補助を実施します。
移住や就業の相談にも応じています。
宮崎県川南町 町内に移住を考える人が体験宿泊する際に宿泊費を1泊最大4000円まで補助します
大分県豊後高田市 コテージに2週間以内で滞在または2泊3日で農家に民泊して空き家探しなど移住準備をする体験プランを提供

各自治体では「移住相談」を行っています。
いきなり移住を決断するのが不安、体験しようか迷っているという場合は相談会で土地柄、気候、風習、暮らしやすいかどうかなど、気になることを聞いてみましょう。その上で体験をすると、移住後の暮らしがイメージしやすくなります。

また、田舎で農業や漁業、陶芸などをしたい場合は、技術指導をしたり、開業資金の補助や事業が定着するまでの期間に給付金を交付したりといった制度があります。
何もかも自力で準備しなくても実現できる制度がそろっているので、まず調べてみましょう。

まとめ|地方での生活は、心に豊かさを与えてくれる!

地方での生活は豊かな自然と人情にあふれて、心身ともにリフレッシュできます。その後の人生が豊かなものになるでしょう。

地方で住まいを持つ際にも、住宅ローンが利用できます。その場合は返済期間に注意して、早くに完済できるように考えましょう。
また、各自治体では移住者の受け入れに積極的で、さまざまな給付金や支援制度を設けています。うまく利用することで自己負担を減らしてスムーズな移住が実現できます。

事前の相談会や起業相談などを利用して不安を解消することが地方移住の成功のカギになります。

特徴で賢く選ぶ!住宅ローン人気ランキング

[変動金利]で比較!住宅ローン

TOP