【ローン審査】100%融資を勝ち取る方法とは?

まる

住宅ローン審査は、クレジットカードやカードローンの審査とは違い、独自の審査条件で融資の実施を決めています。

本記事では、住宅ローン審査で100%融資を勝ち取る方法と、審査可決のポイントについて、詳しく解説しましょう。

ローン審査を100%勝ち取る方法

自分では「絶対毎月返済する」と決意していても、融資をする金融機関が「OK」を出さないとお金は貸してもらえません。

住宅ローンの審査を100%通すには自分の身の回り、特にお金に関する問題をスッキリ解決しておくことが大切です。

チェックしておきたいポイントは次の5つです。

① 個人信用情報に問題がある 返済の遅延や借入残高が多い場合は要注意。
債務整理や自己破産がある場合はその記録が消えるまで融資は難しい。
② 返済負担率が高い 住宅ローンの返済とその他のローン・クレジットカードの返済額の合計が多いと返済負担率が高くなり、融資がNGになることがある。
年収を収入合算などで増やすかその他ローンを完済する方法がある。
③ 年収・勤務先・勤続年数 年収が低いと返済負担率が高くなる上に融資額が少なくなる可能性がある。
勤務先や勤続年数だけで審査が落ちることは少ないため、ほかの条件を見直すことが大切。
④ 物件に問題がある 物件に関する書類を提出して融資が可能な物件かどうかを審査される。
⑤ 健康状態に不安がある 団体信用生命保険に加入できないと融資がNGになる場合がある。
フラット35など団体信用生命保険の加入を義務づけていない住宅ローンの利用を検討する。

住宅ローンで知っておきたい用語㊴: 収入基準

申し込みの条件のひとつに「一定の収入以上であること」というラインを設けることを「収入基準」といいます。

ただ住宅ローンの場合は、一概に収入の額だけで融資を決めるわけではありません。

収入(年収)に対して融資額が多すぎないかどうか、住宅ローンを含めたその人の各種ローンなどの総返済額の割合がどれくらいか(返済負担率)などを総合的に判断して融資の決定を下します。

ローン融資を勝ち取るのはこんな人

計画

上場企業や公務員として10年以上働いていて、所得が十分にあり、過去に返済の遅延や多重債務に陥っていない人はよほど融資額が多額でない限り、審査は通ります。

ただ、大企業に勤務していなくても、また勤続年数が短い場合でも、返済事故(遅延や債務整理・自己破産など)がなく、クレジットカードで買い物をしていてもきちんと返済をしているまじめな人だということがわかれば、審査は十分に通ります。

メモ:安定した収入とは、勤続年数や保険の区分、職種で分かる。

安定した収入とは、毎月一回以上の収入が入ることを指します。

経営状態が不安定なところに勤めていると給与の未払いなどで収入が不安定になります。また、自由業(フリーランス)は収入の波があり、毎月安定した収入がないケースがあります。
しかし、大企業や官公庁などに勤務している場合は安定した収入が見込めます。

その明確な基準は公開されていませんが、一般的に次の点で判断されます。

・勤務先の規模…公務員>上場企業>中小企業>零細企業・自営業の>の順に審査は有利になります。
・勤続年数…長いほど有利ですが転職理由などによっては勤続年数が短くても問題はありません。
・健康保険証…勤務先名や資格取得年月日から勤続年数がわかります。

融資に際しては上記の点を確認して審査が行われます。

融資に必要な条件(申し込み条件)を確認しよう

金融機関では申し込み条件をホームページ上で公開しています。
「ご利用いただける方」として次のような条件を掲げているので、確認しておきましょう。

(りそな銀行の例)

次の条件をすべて満たす方

  • お借入時の年齢が満20歳以上満70歳未満の方で、最終ご返済時の年齢が満80歳未満の方
  • 前年の税込年収が100万円以上の方
  • 給与所得者の場合は、勤続年数1年以上の方、給与所得者以外の場合は、勤続または営業年数が3年以上の方
  • 団体信用生命保険に加入できる方

新聞

他社もよく似た内容でそれぞれ条件を設けています。

さらに資金の使い道として「住宅やマンションの新築・購入資金、増改築の資金」などの条件があります。

これらの条件に合致することはもちろんですが、それ以外にネットの口コミサイトなどで「審査が通りやすい金融機関」を探してみましょう。

審査を受ける際、気をつけたいこと

審査を通すには、いわゆる「事故情報」がないことが重要です。
事故情報とは多重債務(複数のところからキャッシングをしている)や返済遅延(1~2回の残高不足やうっかりミスではなく何度も遅れること)、債務整理や自己破産などを指します。

特に債務整理や自己破産は5年~10年間ほどは情報が消えないので、融資は難しいでしょう。

上記のような事故情報がない人は、次の点を解決すると通りやすくなります。

  • クレジットカードでの買い物の残金をすべて返済する
  • 自動車ローンや教育ローンも残金があれば可能な限り完済する
  • 返済日に通帳の残高を確認し、返済遅延をなくす
  • 新たにクレジットカードで買い物をしない

ゴール

なお、キャッシング機能がついたクレジットカードを何枚も持っている人は要注意です。
自分では使うつもりはなくても、審査をする側としては「キャッシングを利用するつもりなのではないか?」と疑ってしまいます。
金融機関によってはキャッシングを利用していなくてもその枠(限度額)まで利用したものとして判断するところがあるほどです。
使う予定がないキャッシング機能つきのクレジットカードは解約してしまいましょう。

まとめ|融資を通す近道は「支払い能力の方法」を示すこと!

住宅ローンの審査は、融資希望額が極端に多い場合を除けば、安定収入があり、勤続年数が1年以上(金融機関によっては6か月以上)あって、クレジットカードの返済の遅れがなく、自動車ローンなどの残高が多くなければ審査は通ります。

もし不安な場合は事前にローンを完済し、不要なクレジットカードは解約しておきましょう。

特徴で賢く選ぶ!住宅ローン人気ランキング

※4月12日現在の当サイトの申込件数を元に作成したランキングです

[変動金利]で比較!住宅ローン

TOP